売却額査定の留意点


マイカーの売却額査定の留意点として重要度の大きいところに走行距離などがあげれられます。

多くの場合走行距離というのは、車の寿命とされる場合もありますので、走行距離というのは長い分だけ売却額査定にとってはマイナス要因になります。

一般的には走行距離だけで見れば短ければ短いだけ車の見積額は上がりますが本当のところほとんど突っ込んだ基準はないため決められたベースラインで査定額が算出されます。

これについては実際に自動車を専門店で査定する時も重要視される買取査定の大切な注意点です。

例えば普通車の場合年間で1万kmを目安としてこの走行距離以上走っていると一般的にマイナス査定になります。

軽自動車だと、年間で8千kmがまた年数の割には距離が非常に少ない場合でも見積額が上がるというものでもありません。

実際、やると良く感じられると思いますが、車は適時動かすことによってもコンディションを維持できるものなので、距離を走っていない自動車だと故障を起こしやすいとみなされることもあると思います。

中古車を手放す際も例外ではありません。

通常は年式や走行距離についての売却額査定の留意点は保有年数にたいして適正な走行距離かどうかという点です。

それから自動車の年式なども見積査定の重要な注意点のひとつです。

しっかりと理解しているというかたが多数と思っていますが、通常は年式が新しければ新しいほど査定では高評価が出やすいのですが稀にですがその年式の車に特別な価値がある車は新しくない年式でも高く見積してもらえることもあります。

、同じ車種で同様の年式でも、ちょうどその年にモデルチェンジや仕様変更などが発表されているケースはもちろん、それぞれのブランド次第で査定は変わってきます。

同様の車の査定金額といってもいろいろな要因で車の評価は異なってきます。

コメントを残す

このページの先頭へ