自動車の査定ポイント


自動車の査定ポイントとして重要度の大きいもののひとつに走行距離などがあげれられます。

走行距離というのは、処分をする車の耐用年数と見られることもありますので、その車の走行距離が長いとそれだけ、査定には欠点となります。

普通は走行距離というのは短ければ短いだけ中古車の売却額は上がりますが本当のところほとんど詳しい判断基準は存在しなく、定められたベースラインで査定されます。

このような事は現実に中古車を車買取専門店に売却をする際も重要視される査定の大切な要点です。

例えば、普通車では年間1万kmを基準としてこの走行距離以上だと多くの場合マイナス査定の要因になるのです。

軽自動車だと、年間8千kmがまた年数の割には走行距離が相当少ないケースでも買取額が高額になるとは限りません。

実際やってみるとよく分かりますが車は放っておかずに動かすことによってもコンディションを維持することができるのであまりにも走行距離が少ない車であれば、破損が起きやすいと見られることもあります。

自動車の査定に関しても同じだと言えます。

基本的には年式と走行距離での買取査定のポイントは、乗っていた期間と比べて適した走行距離かどうかという点です。

そしてその自動車の初年度登録からの経過年数も中古車買取査定の小さくないポイントになります。

きっちりわかっているという人が多いと考えていますが、一般的には年式については新しいほど査定には高評価が出やすいのですが、稀にですがその年式に特別な価値がある車種は、昔の年式であっても高値で見積してもらえるケースがあります。

同一種類で同様の年式であったとしてもその年にマイナーチェンジやモデルチェンジが発表されているケースは、もちろん、それぞれの場合によって査定は異なります。

同様の中古車の売却額と言っても様々な要因で売却金額は大きく変化してきます。

コメントを残す

このページの先頭へ