重要視されるもののひとつに走行距離


車の査定の要点として重要視されるもののひとつに走行距離が挙げられます。

少なからず走行距離は車の寿命と見られることもありますので、走行距離が長ければ長いほど、買取査定の際にはマイナス要因とされます。

一般的には走行距離は短いとそれだけ見積額は高くなりますが、本当のところそんなに突っ込んだ線引きはなく定められた基準で査定額が算出されます。

こうしたことは現実に車を車買い取り業者で売却する時も重要視される注意点です。

例えば普通車ですと年間で1万キロを目安として10000kmを超えて走っていると一般的にマイナス査定となります。

軽自動車ですと年間で8千キロがまた年数の割には走っている距離が相当少ないケースでも、査定額が高くなるというものでもありません。

実際実行するとたいへんよく分かりますが車は適時乗ってあげることによっても状態を保ちますからあきらかに走行距離が短い自動車の場合破損を起こしやすいとみなされることもあると思います。

こういったことは自動車を手放す場合でも同様です。

年式・走行距離での査定の要点は保有年数にたいして適正な走行距離になっているかというところです。

次に車の年式も、車売却額査定の重要なポイントです。

きっちり把握してるというような方も多数だと考えていますが、基本的には年式に関しては新しいほど査定では優位なのですが例外的にその年式に特別な価値がある車は古い年式であっても高値で査定されるケースがあります。

同一のブランドで同じ年式でもその年式の中でマイナーチェンジやモデルチェンジがなされている車は当然それぞれのモデル次第で査定額は変わってきます。

車の査定金額と言っても程度により算出される金額はその時々で相違してくるものです。

コメントを残す

このページの先頭へ